厚木駅の近くの農業高校

神奈川県海老名市に神奈川県立中央農業高等学校があります。

厚木駅より徒歩で約18分、社家駅より徒歩で約21分で到着できます。

この高校は、明治39年に設立を認可され、同年に愛甲郡荻野村法界寺で開校されました。

大正3年に修業年限が2年になり、その3年後には3年に改められています。

昭和17年には生徒定員が150名だったところを倍の300名に変更されました。更に昭和20年には定員が450名になっています。

この高校には園芸科学科、畜産科学科、農業総合科、生産流通科があります。

園芸科学科では農業経営者や技術者の養成を目的としており、青果物や草花の管理技術や栽培技術を身につけることができます。

畜産科学科では家畜の飼育や肉製品・乳製品の流通加工などに関する知識や技術を修得することを目的としており、牛や豚といった家畜の飼育も行われています。

生産流通科は、2年生になると流通コースと食品加工コースに分かれることになります。